うつ病とは/その症状と治療について

 

うつ病は、精神的なエネルギーが低下して気分が沈み込んだり、物事に興味を持ったり楽しんだりすることができなくなる精神疾患です。

と同時に体の病気でもあり、睡眠のリズムが乱れたり、食事がいつものようにとれなくなり、体重が減っていくこともあります。

 

だれでも、いやなことや悲しいことがあると気分が沈んだりやる気がなくなったりすることがあります。しかし、うつ病は、日常で感じる一時的な気分の落ち込みではなく、言葉で表現できないほど

辛い沈んだ気分、または興味喜びの喪失が、ほとんど一日中、ほぼ毎日、2週間以上続き、

仕事や日常生活に支障が出てくる状態です。

 

主な状態、症状は次のようなものです。

  • 憂うつで気分が重く日々の充実感がない
  • これまで楽しんできたことが楽しめない、何事にも興味が湧かない
  • 以前は楽に出来たことが今は億劫である
  • 自分が役に立つ人間だと考えられない
  • 訳もなく疲れたような感じがする
  • むなしい、さみしい、かなしい気持ちになる
  • 眠れない(寝付けない、途中で目が覚める、普段より2時間以上早く目が覚める)
  • イライラする、なにかに急き立てられるようで落ち着かない
  • 自分を責める、過去を悔んでしまう
  • 何も考えたくない、考えられない
  • 消えてなくなりたい、死にたい

 

うつ病に限らず精神疾患の治療は、薬物療法、気持ちや考え方を整理する精神療法、
病気のきっかけになったような環境の負担をできるだけ少なくする環境調整、

という3つを組み合わせて行います。

 

薬物療法は、うつの症状・程度によっては確かに効果のある治療法なのですが、

根本治療になるものであるとは必ずしも言えず、効果についても個人差があります。

 

うつ病の治療は、薬だけでは不十分なことが多いのです。

 

そのときに役立つのが、認知療法・認知行動療法と呼ばれる精神療法です。

 

薬には副作用がありますが、認知療法・認知行動療法には副作用はありません。
そのため、アメリカやイギリスの治療指針では、うつ病が軽いときには薬を使うよりも
認知療法・認知行動療法を使う方が良い場合が多いとされています。

 

また重症のうつ病では、薬物療法と一緒に認知療法・認知行動療法を使うと、
薬物療法だけの場合よりも治療の効果が高くなることがわかってるほか、
症状を和らげるだけでなく、再発を減らす効果があることもわかっています。

 

認知療法・認知行動療法では、頭を柔軟にし、多面的な思考パターンを身につける練習をします。

思考が柔軟になれば、どのようなストレスのパターンにも適応できるようになり、さらに言えば

ものの見方が広がり、人生そのものを豊かにしていくことにもつながります。 

 

 

大阪あべのカウンセリングルームでは、主として 認知療法・認知行動療法(CBT)に基づく

カウンセリングに よって、うつや不安の再発予防、短期間での問題解決と感情の

セルフコントロールを目指します。
 
認知行動療法は、うつや不安など心の問題に対する効果(エビデンス)が
実証的に示されている数少ない心理療法の一つです。

 

 

 

★「うつ病」関連書籍

  うつや不安に関する様々な本をご紹介しています。



うつ病,不安(社交不安障害SAD,適応障害,強迫性障害,パニック障害),対人恐怖,緊張,PTSD,ストレス,
家族,親子,ひきこもり,不登校,非定型うつ,新型うつ,双極性障害,躁うつ,発達障害,統合失調症,
自律神経失調症,強迫性観念,強迫行動,不眠,睡眠障害,摂食障害,リストカット,希死念慮,自殺企図,
死別,グリーフケア,グリーフワーク,悲嘆,悲しみ,遺族,喪失感,孤独感,自殺,自死,後悔,罪悪感,怒り,
夫婦関係,離婚,結婚,恋愛,ストレス,人間関係,生きがい,性格,親子,アダルトチルドレン,
人生,自己分析,休職,復職,転職,社会復帰,就労,社会復帰,キャリア,EAP,
認知療法,認知行動療法,スーパービジョン,教育分析,ワークショップ,

医療・福祉,専門家のグリーフケア,自己理解,自己覚知,etc.
大阪,京都,奈良,滋賀,三重,和歌山,兵庫