うつ病とは

 

うつ病は精神的なエネルギーが低下して、意欲が低下し、気分が沈み込んだり、
物事に興味を持ったり楽しんだりすることができなくなる精神疾患です。

 

うつ病にかかると、気持ちが沈み込んで苦しくてたまらなくなったり、
これまで楽しめたことが楽しめなくなったりします。
自分を責めたり、集中力や記憶力が低下したり、自殺したい衝動に駆られたりすることもあります。

 

しかし、精神と体はお互いに影響しあいます。うつ病は体の病気でもあるのです。
睡眠のリズムが乱れたり、食欲がなくなり、食べてもそれが身にならずに

体重が減っていくこともあります。

 

うつ病に限らず、精神的に不調になっているときには、同時に体も調子を崩しています。

 

ストレスがたまると、体を防御する免疫の働きが落ちてきます。
自律神経の働きやホルモンの働きにも変調が起こります。

 

そのために、全身倦怠感、頭痛、腰痛、腹痛、食欲不振(場合によっては過食)や
体重減少、不眠(場合によっては過眠)など様々な体の症状が現れてきます。

 

このようなときに体の検査をすることは大切ですが、
体だけでなく、こころの状態にも目を向けるようしてください。

 

 

大阪あべのカウンセリングルームでは、主として 認知療法・認知行動療法(CBT)に基づく

カウンセリングに よって、うつや不安の再発予防、短期間での問題解決と感情の

セルフコントロールを目指します。
 
認知行動療法は、うつや不安など心の問題に対する効果(エビデンス)が
実証的に示されている数少ない心理療法の一つです。

 

 

 

★「うつ病」関連書籍

  うつや不安に関する様々な本をご紹介しています。



うつ病,不安(社交不安障害SAD,適応障害,強迫性障害,パニック障害),対人恐怖,緊張,PTSD,ストレス,
家族,親子,ひきこもり,不登校,非定型うつ,新型うつ,双極性障害,躁うつ,発達障害,統合失調症,
自律神経失調症,強迫性観念,強迫行動,不眠,睡眠障害,摂食障害,リストカット,希死念慮,自殺企図,
死別,グリーフケア,グリーフワーク,悲嘆,悲しみ,遺族,喪失感,孤独感,自殺,自死,後悔,罪悪感,怒り,
夫婦関係,離婚,結婚,恋愛,ストレス,人間関係,生きがい,性格,親子,アダルトチルドレン,
人生,自己分析,休職,復職,転職,社会復帰,就労,社会復帰,キャリア,EAP,
認知療法,認知行動療法,スーパービジョン,教育分析,ワークショップ,

医療・福祉,専門家のグリーフケア,自己理解,自己覚知,etc.
大阪,京都,奈良,滋賀,三重,和歌山,兵庫