サービス利用規約                                                                  

 大阪あべのカウンセリングルームは、カウンセリングサービスについて次のとおり利用規約を定める。本サービスの利用者は、カウンセリングの予約申込みの時点で、本利用規約に同意したものとみなす。

 

利用規約

(1)  本サービスは心理的支援により利用者の問題解決を促すもので、医療行為とは異なり、治癒や解決を保証するものではありません。

(2)  当ルームは、本サービスの実施に万全を期すものの、常に全ての場合に有効とは限りません。本サービスの利用結果、万が一利用者に不利益が生じても、当ルームは責任を負わないものとします。

(3)  体調の急激な変化や健康状態の変化があった場合は、必ず主治医にご相談ください。

(4)  心療内科・精神科などに通院中の場合は、主治医の許可を得た上でご利用いただくことを原則としております。なお、主治医からの許可を書面にて求める場合があります。

(5)  相談内容や状況に応じて、本サービスの終結または適切な専門機関の紹介を行う場合があります。

(6)  本サービスでは、医療行為となる診療行為及び診断は一切行なっておりません。

(7)  利用者が18才未満(高校生以下)の場合は、原則として保護者の同意が必要となります。

 

プライバシー保護について

当ルームは、利用者の住所・電話番号・本サービス利用状況などの情報・相談内容(以下、「個人情報」という)を機密として保持いたします。ただし次の目的に限り、個人識別されない状態で情報を使用する場合があります。

    本サービス向上や学術研究の目的をもって、統計資料として使用する。

    本サービス向上の目的をもって、担当カウンセラーがスーパーバイズ(専門職上位者からの指導助言)やカンファレンス(専門職間の検討助言)を受ける。

また、以下の項目に該当する場合は個人情報を開示することがあります。

(1)  利用者から、書面上にて情報開示の同意を得た場合

(2)  利用者または第三者の生命が危険にさらされるおそれまたは、著しい法令違反があると当ルームが判断した場合

(3)  利用者本人または第三者が虐待を受けている可能性または、虐待の危険にさらされる可能性があると当ルームが判断した場合

(4)  利用者が自殺をする意思を明らかにし、実行される可能性が非常に高いと当ルームが判断した場合

(5)  法令等により開示が求められた場合

                                            以上