ご遺族のためのページ

 

愛する人を失い、身を裂かれるような悲しみの中にいる人たち…
誰も自分の悲しみをわかってくれないと感じている人、周りの心ない言葉に傷ついている人、

泣くことさえできない人、何も信じられなくなってしまった人、助けを求めている人、

未来がなくなってしまったと感じている人、自分の生きる意味さえなくしたと感じている人…

 

フランスに、「別れは小さな死」ということわざがあります。
人生を共に生きてきた愛する人を失うということは、人生の一部、
すなわち自己の一部が失われるということであり、大きな悲しみを伴う体験です。

遺された家族が、その悲しみである「悲嘆(GRIEF)」を受けとめていく作業をグリーワーク(喪の作業)、そしてグリーフワークを支えていくことをグリーフケアといいます。

愛する人との死別を体験した人は、誰もがこのグリーフワークのプロセスを歩みます。

グリーフワークのプロセスには、年齢や性別、死別した状況、故人との生前の関係性、
遺された者のパーソナリティや生活史など、個々人によって異なりますが、
通常時とともに自然に治癒の方向に向かいます。

遺族はやがて故人のいない環境に適応して、新しい心理的・人間的・社会経済的関係を作っていくことができます。

これを正常なグリーフワークとすれば、死別者の10~15%は病的なグリーフワークを経過すると言われています。

また親やきょうだいを亡くした子供たちもやはり大きな悲しみを抱えますが、
悲しみがうまく表現できないためにあるいは大人とは異なる表現であるために、
周囲からは「もう大丈夫」と誤解され、適切なケアを受けられないことが多くあります。

子供たちには大人以上にあたたかいケアが必要です。

遺族の悲嘆の歩みを代わってあげることは誰にもできません。
その悲しみや苦しみは、遺族の新しい人生のために避けては通れない大切な時間なのです。
 
メンフィス大学のロバート・A・ニーマイアーは、「悲しむこととは、喪失によって揺らいだ意味世界の再確認、あるいは再構成を、必然的にもたらすということである」であり、「愛する人を失ったあとの意味深い人生の変遷に向き合う過程である」としています。

「グリーフケア」とは、まさにこの人間的成長を援助することです。

カウンセリングでは、グリーフワークに伴う情緒を遺族に開放させ、正常なグリーフワークのプロセスの遂行を援助します。

遺族が自分の体験している感情が当然のものであると理解すること、またその感情を共感をもって受け止められていると感じることは、グリーフワークを経過していく上でとても重要です。

一人ではないということを知ってください。

悲しみが、いつか生きる勇気とやさしさにかわることを願って。

大阪あべのカウンセリングルームでは、
死別による悲嘆のプロセスにおける援助(グリーフケア)とグリーフカウンセリングをおこなっています。

 

うつ病,不安(社交不安障害SAD,適応障害,強迫性障害,パニック障害),対人恐怖,緊張,PTSD,ストレス,
家族,親子,ひきこもり,不登校,非定型うつ,新型うつ,双極性障害,躁うつ,発達障害,統合失調症,
自律神経失調症,強迫性観念,強迫行動,不眠,睡眠障害,摂食障害,リストカット,希死念慮,自殺企図,
死別,グリーフケア,グリーフワーク,悲嘆,悲しみ,遺族,喪失感,孤独感,自殺,自死,後悔,罪悪感,怒り,
夫婦関係,離婚,結婚,恋愛,ストレス,人間関係,生きがい,性格,親子,アダルトチルドレン,
人生,自己分析,休職,復職,転職,社会復帰,就労,社会復帰,キャリア,EAP,
認知療法,認知行動療法,スーパービジョン,教育分析,ワークショップ,

医療・福祉,専門家のグリーフケア,自己理解,自己覚知,etc.
大阪,京都,奈良,滋賀,三重,和歌山,兵庫

 

最後だとわかっていたなら

 

■ 最後だとわかっていたなら ■

 

あなたが眠りにつくのを見るのが  最後だとわかっていたら

わたしは もっとちゃんとカバーをかけて 神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう


あなたがドアを出て行くのを見るのが 最後だとわかっていたら

わたしは あなたを抱きしめてキスをして そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう


あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが  最後だとわかっていたら

わたしは その一部始終をビデオにとって  毎日繰り返し見ただろう


確かに いつも明日はやってくる  見過ごしたことも取り返せる

やりまちがったことも  やり直す機会がいつでも与えられている


「あなたを愛してる」と言うことは  いつだってできるし

「何か手伝おうか?」と声をかけることも  いつだってできる


でも もしそれがわたしの勘違いで  今日で全てが終わるとしたら

わたしは今日  どんなにあなたを愛しているか伝えたい


そして私達は 忘れないようにしたい


若い人にも 年老いた人にも  明日は誰にも約束されていないのだということを

愛する人を抱きしめるのは  今日が最後になるかもしれないことを


明日が来るのを待っているなら  今日でもいいはず

もし明日が来ないとしたら  あなたは今日を後悔するだろうから


微笑みや 抱擁や キスをするための  ほんのちょっとの時間を どうして惜しんだのかと

忙しさを理由に その人の最後の願いとなってしまったことを どうしてしてあげられなかったのかと

だから今日  あなたの大切な人たちを しっかりと抱きしめよう

そして その人を愛していること  いつでも いつまでも大切な存在だと言うことを

そっと伝えよう


「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や「気にしないで」を伝える時を持とう

そうすれば もし明日が来ないとしても  あなたは今日を後悔しないだろうから

      ~ノーマ・コーネット・マレック~(訳:佐川 睦)

 

 


この詩は、「9,11テロで亡くなったローラ・ホートンという若き消防士が書きのこした詩」だと誤って伝えられていますが、実際は、アメリカのノーマ・コーネット・マレックという女性が、わが子を亡くしたときに書いた詩です。
 当事者・支援グループ
SIDS家族の会 流産・死産・SIDS・その他の病気で赤ちゃんを亡くした家族の会
小さないのち 小さな子どもを病気で亡くした家族の会
大阪ひまわりの会 身近で大切な肉親や友人を失い、癒されがたい悲しみを抱えている人のわかちあいの会」
どんぐりの会 がん患者と家族・遺族の会
全国交通事故遺族の会

交通事故で最愛の家族を亡くした遺族の会

 

全国犯罪被害者の会

〜あすの会〜

犯罪被害者・遺族の会

全国被害者支援

ネットワーク

どこにいても、被害者が等しく支援を受けられることを目指し活動している
あしなが育英会 病気や災害、自死で親を亡くした子どもたちを、物心両面で支える民間非営利団体
生と死を考える会 身近な人を失った悲しみをわかちあい、誰にでも訪れる「死」を考える会

大阪セルフヘルプ支援

センター

セルフヘルプグループを探している人、作りたい人への情報提供も行っている(第1・第3土曜 14時~18時)

リメンバー自死

名古屋遺族の会

近しい人を自殺で亡くした遺族の自助グループ