グリーフケアとは
愛する人・大切な人を失った家族・きょうだい(子供たち)のために・・・

 

フランスに、「別れは小さな死」ということわざがあります。
人生を共に生きてきた愛する人を失うということは、人生の一部、
すなわち自己の一部が失われるということであり、

大きな悲しみを伴う体験です。

遺された家族が、その悲しみである「悲嘆(GRIEF)」を受けとめていく作業を グリーワーク、そしてグリーフワークを支えていくことをグリーフケアといいます。

愛する人との死別を体験した人は、誰もがこのグリーフワークのプロセスを歩みます。

グリーフワークのプロセスには、年齢や性別、死別した状況、故人との生前の関係性、
遺された者のパーソナリティや生活史など、個々人によって異なりますが、
通常時とともに自然に回復の方向に向かいます。

遺族はやがて故人のいない環境に適応して、

新しい心理的・人間的・社会経済的関係を作っていくことができます。

これを正常なグリーフワークとすれば、死別者の10~15%は

病的なグリーフワークを経過すると言われています。

また親やきょうだいを亡くした子供たちもやはり大きな悲しみを抱えますが、
悲しみがうまく表現できないためにあるいは大人とは異なる表現であるために、
周囲からは「もう大丈夫」と誤解され、適切なケアを受けられないことが多くあります。

子供たちには大人以上にあたたかいケアが必要です。

遺族の悲嘆の歩みを代わってあげることは誰にもできません。
その悲しみや苦しみは、遺族の新しい人生のために避けては通れない大切な時間

なのです。
 
メンフィス大学のロバート・A・ニーマイアーは、「悲しむこととは、喪失によって

揺らいだ意味世界の再確認、あるいは再構成を、必然的にもたらすということである」であり、「愛する人を失ったあとの意味深い人生の変遷に向き合う過程である」としています。

「グリーフケア」とは、まさにこの人間的成長を援助することです。

誰にも今ある苦しみの時をかわってもらうことはできません。
それでも十分に悲しみに向き合えば、以前の自分に戻るのではなく、

以前とは違う価値観を持ち、成長してより多くの知恵を身につけた新しい自分に

出会うことができます。

愛する人とは生前とは違う絆をもって共に生きることができるようになります。

愛する人との尊い別れは、あなたの人生をより豊かに意味深いものにしてくれる大切な

経験であることを心にとめてください。


カウンセリングでは、グリーフワークに伴う情緒を遺族に開放させ、正常な

グリーフワークのプロセスの遂行を援助します。

遺族が自分の体験している感情が当然のものであると理解すること、

またその感情を共感をもって受け止められていると感じることは、
グリーフワークを経過していく上でとても重要です。


大阪あべのカウンセリングルームでは、死別による悲嘆のプロセスにおける援助(グリーフケア)と

グリーフカウンセリング、また、医療・福祉分野の専門職向けグリーフケア研修を行っています。

 

 

 

▶ ご遺族のためのページへ         

うつ病,不安(社交不安障害SAD,適応障害,強迫性障害,パニック障害),対人恐怖,緊張,PTSD,ストレス,
家族,親子,ひきこもり,不登校,非定型うつ,新型うつ,双極性障害,躁うつ,発達障害,統合失調症,
自律神経失調症,強迫性観念,強迫行動,不眠,睡眠障害,摂食障害,リストカット,希死念慮,自殺企図,
死別,グリーフケア,グリーフワーク,悲嘆,悲しみ,遺族,喪失感,孤独感,自殺,自死,後悔,罪悪感,怒り,
夫婦関係,離婚,結婚,恋愛,ストレス,人間関係,生きがい,性格,親子,アダルトチルドレン,
人生,自己分析,休職,復職,転職,社会復帰,就労,社会復帰,キャリア,EAP,
認知療法,認知行動療法,スーパービジョン,教育分析,ワークショップ,

医療・福祉,専門家のグリーフケア,自己理解,自己覚知,etc.
大阪,京都,奈良,滋賀,三重,和歌山,兵庫