不安障害とは

 

毎日の生活の中で、不安になることは誰にでもあります。
入学や就職、転職などで新しい環境に入っていくとき、初めての場所に行くときなどには、

そこがどんな場所なのか、安全なところなのか、気になります。

 

不安を感じると、体もこころも緊張します。
できれば、不安を感じないで自由に生活したいと思います。

でも、不安を感じないということが果たしていいことなのでしょうか。
決してそんなことはありません。

なにも不安を感じない状態というのは、とても危険です。
 

私たちは、不安を感じるからこそ準備をし、危険に備えることが出来ます。
緊張するから集中することができます。

不安は自分を守るために必要な、こころのアラーム(警報機)なのです。

 

人間が生きていく上で、ほどほどの不安を感じることはとても大切です。
でも、その不安が行きすぎてしまうと、毎日の生活に支障をきたすようになります。
一日中アラームが鳴っていたり、とんでもないときにアラームが鳴ったりします。

 

「急に体調が悪くなるといけないから、電車に乗らない」
「人にどう思われているか、なんと言われるかわからないから、職場に行くのが辛い」
「家を留守にするのが不安で、外に出られない」
「事故が心配で、電車や飛行機に乗るのが怖い」

 

このように、行き過ぎた不安を感じるようになった状態を「不安障害」と呼びます。

認知療法・認知行動療法では、不安は「危険」という認知と関係していると考えます。
それも、頭の中で作られた「危険」です。
その意味で、不安障害の患者さんが感じている「恐怖」や「不安」の対象は、
現実に存在すのではなく、頭の中に存在していると言えます。

「不安障害」に特徴的な認知を、次に挙げてみます。

 

 1)パニック障害
   ……「大変だ!」
 2)高所恐怖症、閉所恐怖症などの特定の恐怖症
   ……「危ない!」
 3)社交不安障害(SAD)
   ……「恥をかく!」
 4)強迫性障害
   ……「なにか足りない!」
 5)PTSD(外傷後ストレス障害)
   ……「きっと、また起こる!」
 6)全般性不安障害
   ……「もしかすると……」

 

大阪あべのカウンセリングルームでは、主として 認知療法・認知行動療法(CBT)に基づく

カウンセリングに よって、うつや不安の再発予防、短期間での問題解決と感情の

セルフコントロールを目指します。
 
認知行動療法は、うつや不安など心の問題に対する効果(エビデンス)が
実証的に示されている数少ない心理療法の一つです。

 

 

 

★「不安障害」関連書籍

 社交不安障害(SAD)・パニック障害・強迫性障害など、不安に関する様々な本をご紹介しています。


うつ病,不安(社交不安障害〔SAD〕,適応障害,強迫性障害,パニック障害),対人恐怖,

緊張,PTSD,ストレス,
家族,親子,ひきこもり,不登校,非定型うつ,新型うつ,双極性障害,躁うつ,発達障害,統合失調症,
自律神経失調症,強迫性観念,強迫行動,不眠,睡眠障害,摂食障害,リストカット,希死念慮,自殺企図,
死別,グリーフケア,グリーフワーク,悲嘆,悲しみ,遺族,喪失感,孤独感,自殺,自死,後悔,罪悪感,怒り,
夫婦関係,離婚,結婚,恋愛,ストレス,人間関係,生きがい,性格,親子,アダルトチルドレン,
人生,自己分析,休職,復職,転職,社会復帰,就労,社会復帰,キャリア,EAP,
認知療法,認知行動療法,スーパービジョン,教育分析,ワークショップ,

医療・福祉,専門家のグリーフケア,自己理解,自己覚知,etc.
大阪,京都,奈良,滋賀,三重,和歌山,兵庫