認知療法・認知行動療法(CBT)とは
うつ病の再発予防と感情のセルフコントロールを目指して・・・  

認知療法(Cognitive Therapy)とは、アーロン・ベック(認知療法)やアルバート・エリス(論理情動行動療法)、ドナルド・マイケンバウム (ストレス免疫訓練)によって、それぞれ独自に始められた心理療法の総称です。


彼らに共通しているのは、外的な出来事が感情や身体反応を直接引き起こすのではなく、そうした出来事をどのように認知するかによって、感情や身体反応、行動が異なってくる と考え、心理療法における「認知」の役割を重視した点です。

 

つまり認知療法では、ある出来事に対して、それをどう受け止めたのか、どのような見方をしたのかなどの認知体系(考え方・視覚的イメージ)の結果として、不快な感情が起こり、心の問題や症状・問題行動となって表れると考えます。

カウンセリングにおいては、クライアントとカウンセラーが問題解決のためのチームを 組み(協同的な問題解決チーム)、こうした認知体系(考え方・視覚的イメージ)を、 反証や多面的解釈によって自ら修正していくことで、心の問題や症状を軽くし、最終的には、自分自身が認知療法を用いてセルフコントロールできるようになること を目指します。

 

認知行動療法(CBT)とは、精神分析から発展した認知療法と、学習理論に基づく行動療法から発展した認知行動療法というふたつの流れを統合した総称です。

 

現在の傾向としては、CBTの治療効果を実証的に示そう「エビデンス」ということが積極的に行われています。

CBT、特にベックの認知療法は、もともと医療領域におけるうつ病の治療法として発展してきたのですが、最近では教育や産業など、さまざまな領域において適用しようとする動きがあります。

 

 

 ▶ 認知行動療法学会 HP        

 

大阪あべのカウンセリングルームでは、主として 認知療法・認知行動療法(CBT)に基づく

カウンセリングに よって、うつや不安の再発予防、短期間での問題解決と感情の

セルフコントロールを目指します。
 
認知行動療法は、うつや不安など心の問題に対する効果(エビデンス)が
実証的に示されている数少ない心理療法の一つです。

 

 

★「認知療法・認知行動療法(CBT)」関連書籍

  認知療法・認知行動療法(CBT)に関する様々な本をご紹介しています。



うつ病,不安(社交不安障害SAD,適応障害,強迫性障害,パニック障害),対人恐怖,緊張,PTSD,ストレス,
家族,親子,ひきこもり,不登校,非定型うつ,新型うつ,双極性障害,躁うつ,発達障害,統合失調症,
自律神経失調症,強迫性観念,強迫行動,不眠,睡眠障害,摂食障害,リストカット,希死念慮,自殺企図,
死別,グリーフケア,グリーフワーク,悲嘆,悲しみ,遺族,喪失感,孤独感,自殺,自死,後悔,罪悪感,怒り,
夫婦関係,離婚,結婚,恋愛,ストレス,人間関係,生きがい,性格,親子,アダルトチルドレン,
人生,自己分析,休職,復職,転職,社会復帰,就労,社会復帰,キャリア,EAP,
認知療法,認知行動療法,スーパービジョン,教育分析,ワークショップ,

医療・福祉,専門家のグリーフケア,自己理解,自己覚知,etc.
大阪,京都,奈良,滋賀,三重,和歌山,兵庫