認知療法・認知行動療法(Cognitive Therapy & CBT)とは

 

うつ病の再発予防と感情のセルフコントロールを目指して 

 

認知行動療法(Cognitive Behavioral Therapy:CBT)とは,アーロン・ベック(認知療法)やアルバート・エリス(論理情動行動療法),ドナルド・マイケンバウム (ストレス免疫訓練)によって,それぞれ独自に始められた心理療法の総称です。

 

CBTとは,人間の「気分・感情」が「認知」(ものの考え方や受け取り方)の影響を受けることから,「認知」に働きかけて,つらい「気分・感情」を軽減し,自ら制御する力を身につけることによって精神疾患を治療することをめざす構造化された精神療法(心理療法)です。

 

CBTはエビデンス・ベースの臨床実践の考え方に立ち,うつ病や不安障害などの治療で

その有効性が科学的手法によって実証されています。『米国精神医学会治療ガイドライン』では,

軽度から中程度のうつ病の第一選択治療のひとつとされ,現在では精神科治療のグローバルスタンダードになっています。

 

カウンセリングにおいては,クライアントとカウンセラーが問題解決のためのチームを組み(協同的な問題解決チーム),こうした認知体系(考え方・視覚的イメージ)を, 反証や多面的解釈によって自ら修正していくことで心の問題や症状を軽くし,最終的には,自分自身が認知療法を用いてセルフコントロールできるようになること を目指します。

 

 

大阪あべのカウンセリングルームでは,

 認知療法・認知行動療法(Cognitive Therapy & CBT)に基づくカウンセリングに よって,

うつや不安の再発予防,短期間での問題解決と感情のセルフコントロールを目指します。

 

気分障害

うつ病,双極性障害

不安障害

パニック障害,広場恐怖,社交不安障害(SAD),心的外傷後ストレス障害(PTSD),

急性ストレス障害,全般性不安障害(GAD)

その他

身体症状症,摂食障害,適応障害,自律神経失調症,ストレス,睡眠障害,PTSD(心的外傷後ストレス障害) 

自閉スペクトラム症(ASD),注意欠如・多動症(ADHD)

心理療法

認知療法・認知行動療法(CBT),ロゴセラピー(実存分析,意味中心療法),

グリーフケア,スピリチュアルケア,キリスト教カウンセリング(Christian Counseling)

対人援助職者への援助・教育(医療,介護福祉,葬儀,教育,自治体)

グリーフケア/スピリチュアル研修,認知行動療法,スーパービジョン,教育分析(自己理解・自己覚知),

ストレスマネジメント,セルフケア,アンガーマネジメント

相談内容

家族関係,夫婦関係,親子関係,子育て,虐待,ひきこもり,不登校,不眠,摂食障害,希死念慮,自殺企図,
死別,グリーフカウンセリング,グリーフワーク,悲嘆,人生観,死生観,自己理解,ストレス,

休職・復職,転職,就労,進路,キャリア,障害者雇用,社会復帰,メンタルヘルス,その他

 

🔸カウンセリング実施の対象地域:全国  

🔸講演・研修については,お問合せ下さい。お問合せはこちら